不眠症にドリエルは効く?実は睡眠薬じゃない市販薬のこと

ドラッグストアで買える睡眠薬として知名度バツグンのドリエル
2003年に販売がはじまって以来、市販の睡眠薬として日本人のあいだではすっかり安定しています。

医師の指導なしで誰でも買える市販薬は、副作用のリスクができるだけ抑えられているのが特徴。
自分で選んで服用できるよう危険が少ない分、大きな効果を備えていないという面も。

市販の睡眠薬も同じで、正確には睡眠改善薬といってより広い多くの人の症状に当てはまるように作られています
身体への負担が少なく、ハッキリとした効果を感じられる人がいれば思ったほど効かなかった・・というケースもあるのです。

睡眠薬と睡眠改善薬の違いは?

睡眠薬と睡眠改善薬は違う
医療機関で処方される睡眠薬は、一人ひとりの症状に合わせて医師によって選定されます。
しかし市販の睡眠改善薬は、一時的な不眠症状の改善を目的に作られたもの
服用すればかならず効果を得られるわけではありません。

ドリエルで眠りやすくなる理由

ドリエルの主成分は、ジフェンヒドラミン塩酸塩
抗ヒスタミン剤という分類で、風邪薬や鼻炎薬に含まれています。

ヒスタミンは脳内の受容体と結合すると、神経細胞を活性化させる化学物質。
ジフェンヒドラミン塩酸塩が受容体との結合を妨げることで、覚醒を抑制して眠りやすいコンディションへと導きます。

風邪薬でよくみられる「眠くなる」という副作用を、睡眠薬の効果として活用しているのがドリエルなんです。

ドリエルを買うなら海外ジェネリックがおトク!

ドリエルはエスエス製薬によって製造・販売が行なわれている先発薬ですが、アメリカでジェネリック医薬品が作られているのを知っていますか?

日本で流通しているドリエルは12錠入りで1,500円ほどですが、ジェネリックなら600錠で4,490円と安すぎる値段で買えるんです。

日本製ドリエル ドリエル・ジェネリック
価格 12錠/1,500円 600錠/4,490円
購入方法 ドラッグストアで購入
楽天・アマゾンで通販可
個人輸入代行の専門サイトで通販可

自分の症状にはドリエルが合っているとわかっている人、医療費はとにかく安く済ませたいという人は、ぜひアメリカ製のドリエルを試してみてください。

ドリエル以外にもある市販薬

市販の睡眠薬といえばドリエルのイメージが定着していますが、睡眠改善薬として作られている商品はほかにもあります。

ここでは、ドリエルとは異なる成分で作られている商品をご紹介。
「最近、眠れない日があるんだよね」という人は、薬選びの参考にしてみてください。

市販薬では最強?ウット

主成分はブロモバレリル尿素。
催眠・鎮静作用に優れていて、緊張や不安を穏やかにする働きを持っています。
1900年代の前半には医療用の睡眠薬として用いられていたほど、市販薬としては高い効果が特徴。

デメリットとしては依存のリスクが挙げられます。
市販薬という前提のもと過度に心配することはありませんが、指定された用法・用量にしたがって服用することが大切です。

眠れる身体作りを目指すなら漢方薬

漢方は長期的に服用を続けることで、不調のもとを改善して眠りやすい身体を目指します。
即効性はありませんが、体質改善や症状の根本的な解決によって安定した睡眠を得たいと考える人におすすめです。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
適応症 ▶ 精神不安があり、高血圧の随伴症状による不安や不眠、神経症を生じている

加味逍遙散(かみしょうようさん)
適応症 ▶ 体力の低下や疲労から起こる精神不安、眠りが浅い

抑肝散(よくかんさん)
適応症 ▶イライラしやすい・神経が高ぶって怒りやすい人の不眠症、神経症

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
適応症 ▶イライラして落ち着かないタイプの人が発症する不眠症や神経症

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
適応症 ▶体力低下、貧血、冷え性、神経過敏などからくる不眠症、神経症

漢方にはさまざまな種類があります。
専門家に相談しながら、自分の身体に適した薬剤を探してみましょう。

Posted by TAGUTI


PAGE TOP