ハイプナイトって知ってる?睡眠薬ビギナーにおすすめ・ルネスタのジェネリック

通販で買える睡眠薬のなかで、幅広い層から人気を集めているのがハイプナイトです。

国内で処方薬として用いられているルネスタのジェネリック医薬品で、インドのConsern Pharma (コンサーン・ファーマ)社が製造・販売。

日本では未発売のため購入方法は海外からの通販のみですが、適度な即効性と作用時間、キレのよさから、「はじめて睡眠薬を使ってみる」という人にもおススメです。

先発薬・ルネスタってこんな睡眠薬

ルネスタ派どんな睡眠薬か?

ハイプナイトの元となっているルネスタは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬。
主成分はエスゾピクロンで、活動モードになっている脳をリラックスさせて眠りへ導く効果があります。
日本では不眠症治療のはじめの段階で用いられることが多く、広く知られている商品です。

服用後、30分~1時間ほどで眠気が訪れる
作用は5時間ほど続く

 

効き始めるまでが速いので、入眠障害で悩んでいる人にピッタリ
ベンゾジアゼピン系睡眠薬と比べて副作用も少ないので、薬に慣れていない人でも安心して服用できます。

ルネスタがアモバンの改良版と言われるワケ

不眠症を患っている人のあいだで有名なルネスタですが、同じように頼りにされている睡眠薬にアモバンがあります。

アモバンも非ベンゾジアゼピン系ですが、主成分はゾピクロン
これをブラッシュアップして作られたのが、エスゾピクロンで作られているルネスタ
というわけです。

では、ルネスタとアモバンではどう違うのか比べてみましょう。

ルネスタ アモバン
分類 超短時間型 超短時間型
血中濃度のピーク 服用から約1~1.5時間 服用から約1時間
半減期
(作用時間)
約5時間 約4時間
摂取量 1~2mg 7.5mg

さほど大きな違いはありませんが、摂取量だけは結構な差があります。
これは、エスゾピクロンのほうがゾピクロンよりも睡眠に対する働きが強いから。
少量でもしっかり効くので、一度の服用量も少なくてOKなんです。

また作用時間は、ほんの少しですがルネスタの方が長め。
超短時間型の睡眠薬は入眠障害に適していると考えられていますが、ルネスタなら中途覚醒や熟睡障害の改善も期待できます。

苦くて飲めない・・困った副作用

ルネスタやアモバンに共通しているのが、苦味
服用してから数十分後からじわじわと苦味が広がりはじめ、のどから舌、口の中全体へと浸食していきます。

苦さの感じ方には個人差があり、「あんまり気にならない」という人から「次の日の昼まで苦くて食事がつらい」という人も。

アモバンと比べて、ルネスタは苦味が和らいでいるとされていますが、ルネスタでも十分苦い!という声はたくさん。
水を飲んでも苦いのは不快なものですが、苦味が起こる=薬が効いているということ。
もうすぐ眠れる・・と思ってガマン!
どうしても耐えられない場合は、ほかの薬を検討する必要があります。

ルネスタ=ハイプナイト?

ルネスタとハイプナイトは同じか

ここまでルネスタについて説明しましたが、ジェネリックであるハイプナイトも同じと考えていいのでしょうか?

答えは、「ほとんど同じだけどちょっと違う」です。

ジェネリックは先発薬の有効成分は模倣していながらも、製造方法はメーカーによってさまざま。
作り方や添加物の成分が異なっていることで、服用する人によっては違いを感じることもあるようです。

通販で買えるって便利!

精神科やメンタルクリニックを受診すればルネスタが処方されるのに、海外製のハイプナイトが人気のワケはどこにあるのでしょう。

有効成分は同じ、つまり効果や副作用も同じということ。
大きく違う点といえば、販売価格です。

エスゾピクロンの量 ハイプナイト(通販) ルネスタ(処方)
1mg 3,140円/50錠 2,440円/50錠
2mg 4,040円/50錠 3,875円/50錠
3mg 4,940円/50錠 4,900円

薬代だけを比べると、処方の方がやや安いということに。
上記は純粋な薬価なので、健康保険を使えばルネスタはもっと安くなります。
わざわざハイプナイトを通販する理由はどこに・・ということになりますね。

しかし、ルネスタを処方してもらうためには、時間やお金をかけて通院し、診察料金を払って受診しなくてはいけません。

薬代以外の費用はもちろん、仕事のスケジュールを調整したり病院で知りあいに遭遇したりといったストレスなしで睡眠薬を買うことができるという点で、ハイプナイトを選ぶメリットは大きいはず。

不眠症とつき合っていくうえでの 精神的・物理的負担を少しでも軽くしたいと考える人にとっては、通販で買えるハイプナイトがピッタリですね。

ルネスタやハイプナイトを服用している人の口コミ

睡眠薬のなかでも人気の高いルネスタと、ジェネリックであるハイプナイト。
実際に使っている人はどんな点にメリットを感じているのでしょうか?
副作用の現れ方も確認しておくと、自分が服用する際の参考になります。

オオノさん(30代、男性) ★★★★★
自分はルネスタで6時間~6時間半くらい眠れます。
23時すぎに飲んで、ちょうどいいくらい。
寒い時期はエアコンよりも湯たんぽを使って、眠りやすい環境作りも工夫しています。
苦いって聞くけど、食事に支障をきたすというほどではありません。
口の中で変な味がしてきたら、もうすぐ寝るぞ~くらいの気持ちですね。

ナカタさん(40代、女性) ★★★
眠れることは眠れるんですが、苦味が次の日の夕方くらいまで続くのがツラいです。
水もまずく感じるので、あまり水分を摂れないことも・・暑い日はなんとか飲むように意識していますが大変です。
そのほか副作用は感じていないので、苦味さえどうにかできればいい薬だと思います。

ユカワさん(20代、女性)★★★★
慣れない仕事のストレスから眠りにくくなり、通販サイトでハイプナイトを買いました。
病院に行かなくても眠剤が買えるというのは便利ですが、飲み始めた頃は適量がわからず苦労しました。
1mgでは足りず3mgでは翌日スッキリしないまま一日が終わる・・という感じだったので、2mgに落ち着いています。

Posted by TAGUTI


PAGE TOP