睡眠薬よりも寝酒が効く?寝つきをよくするためのウソ・ホント

「睡眠薬を飲むのはなんだか怖いし、お酒を飲めば眠れる」と、寝酒に頼っている人はいませんか?

お酒を飲むとリラックスできるし、ウトウトしてくるから・・と、睡眠薬よりもアルコールを選んでしまうケースは少なくありません。

しかしアルコールは耐性がつきやすく、知らないうちにどんどん飲酒量が増えていってしまいます。
依存のリスクも高く、実は睡眠薬よりもお酒の方が身体への影響は大

寝つきは悪いけど寝酒で解決できていると思っている人は、アルコールと睡眠薬の関係について正しく知る必要があります。

アルコールが睡眠薬の代わりになる?

お酒を飲んでも眠れない

アルコールには脳の興奮を穏やかにする働きがあり、気持ちが落ち着いて眠気が起こりやすくなります。
これは睡眠薬と同じ作用なので、「お酒を飲むと眠れる」と考えられるのは当然。

しかしアルコールを分解する際には、脳が覚醒してしまうって知っていますか?
一旦はグッスリ寝ついたものの、「なんだか眠りが浅かったなぁ」と感じてしまうのはアルコールの覚醒作用のせい

さらに飲みすぎ=水分の摂りすぎでトイレの回数が増えることも、安定した睡眠の妨げにつながってしまいます。

アルコールが睡眠の邪魔になる

通常、睡眠中でリラックスしている身体のなかでは副交感神経が活性化しています。
朝になって日光を浴びると交感神経が活性化し、活動モードに変わっていくのが身体の自然なメカニズム。

しかし寝る前にアルコールを飲むと、分解する際にアセトアルデヒトという物質が発生します。
アセトアルデヒトは毒性が強く、交感神経が刺激されて活性化
せっかく休んでいた脳が覚醒してしまいます。

夜中に何度も目が覚めてしまうほか、二日酔いや頭痛が起こるのもアセトアルデヒトの仕業なんです。

寝酒の習慣化は危険!

眠くなるまで飲み続けていると、日に日に飲酒量は増えてしまいます。
過度なアルコール摂取は、身体に負担をかけてしまうだけでなくココロにも悪影響。

適度な飲酒は心身ともにリラックスさせてくれますが、そもそも適切な酒量ってどのくらいなのでしょう?

厚生労働省による「健康日本21」によると、純アルコール量20gが上限。

適度な飲酒量とは?
ビール=アルコール度数5%/中瓶1本(500ml)
日本酒、ワイン=アルコール度数15%/1合(180ml)
焼酎=アルコール度数25%/0.6合(110ml)

お酒好きの人にとっては、「たったこれだけ?」と感じるかもしれませんね。
純アルコール量が60g以上は多量飲酒とされ、不眠の悪化だけでなくさまざまな病気の原因にもなってしまうのです。

多量飲酒の危険
脳が委縮する・・認知症
肝臓がダメージを負う・・脂肪肝、肝炎、肝硬変
血管に支障をきたす・・心筋梗塞、脳梗塞、不整脈、心不全
精神疾患を誘発・・アルコール依存、うつ病

 

「今日の夜、気持ちよく眠るため」と続けている飲酒が、危険な病気をにつながっているという怖さに早く気づかなくてはいけません。

睡眠薬とお酒を一緒に飲めば寝られる?

睡眠薬を飲んだけどあまり効かなかった
お酒で眠剤を飲めば相乗効果で眠れるかも

と、寝酒のタイミングで睡眠薬も飲んじゃおうと考える人がいるかもしれません。

しかし睡眠薬とアルコールの同時摂取は、お互いの作用を強めてしまうため非常に危険です。

睡眠薬の成分もアルコールも肝臓で分解され、吸収・代謝されていきます。
同じタイミングで服用すると、両方を分解するために肝臓はオーバーワーク状態。
完全に代謝するには普段よりも時間がかかり、アルコールや睡眠薬が体内に留まっている時間が長くなります。

正しく服用したときよりも多くの成分が体内にある=薬の飲みすぎ

睡眠薬とお酒を一緒に飲むと、用法用量を守っていても過剰摂取したのと同じ状態。
知らず知らずのうちに、身体を危険にさらしているのです。

アルコールと睡眠薬の併用はダメ!

寝酒と睡眠薬でより眠りやすくなるというのはウソ

とはいえ、飲酒習慣がある人は代謝酵素の分泌が活発なので、睡眠薬が代謝されやすいという弊害が起こりやすくなります。
指定された通りの分量ではなかなか眠れない、効果がないという状態に。

結果的に、睡眠薬とアルコールのどちらにも頼ってしまうことになりかねません。

睡眠薬はコワイと思いがちですが、アルコールの方がはるかに危険な存在
不眠で悩んでいて寝酒が習慣化している人は休刊日を設けることから始めて、睡眠薬の活用を検討してみましょう。

Posted by TAGUTI


PAGE TOP